grape

会社情報

編集方針

grape 編集方針

弊社は、著作権を尊重し、各種法令を遵守し事業運営を行っております。
また、弊社は社内に編集部を設け、 編集長以下編集部の確認手続きを経たうえで、全ての記事を掲出しております。

倫理・法令・著作権ポリシー

当社は、従来より著作権を尊重し、各種法令を遵守し事業運営を行っています。当社は2016年12月5日付で「著作権ポリシー委員会」を立ち上げ、倫理・法令・著作権尊重のための社内での情報共有を強化しております。

  1. 当社では、編集長以下内製の編集部で記事を作成し、編集部内で内容の正確性・妥当性並びに薬機法及び著作権法を含む法令の適法性を確認した上で、すべての記事を掲出しています。社員以外に契約執筆者もおりますが、掲出の手続きは社員執筆者と同様です。
  2. 当社はクラウドソーシングを活用しての記事はありません。
  3. 当社は恣意的なSEO対策は行っておりません。
  4. 当社の記事において、ブログ、ツイッター、インスタグラム等のコンテンツの引用部分が主となる場合には、原則として著作権者に了解を得てリンク・引用を明示したうえで行っています。しかし、著名人が、拡散を目的として自ら公表している画像や動画につきましては、適切なリンク・引用は行っておりますが、個別の許諾は得ておりません。
  5. 4の事項を満たした場合においても、著作権者の意思尊重の観点から、写真・動画・テキストなどについて著作権者から削除依頼のあったものは速やかに削除するようにしています。
  6. YouTube動画のエンベッドについては、動画の紹介を主な目的とする場合、著作権者の許諾無しに利用が概ね認められています。しかし、明らかに著作権を侵害している動画(例テレビ番組や映画等)の利用は認められないため、当社はそのような動画のエンベッドは行っておりません。
  7. YouTube動画の静止キャプチャー画像は、2017年4月以降、著作権者の了解を得ており、引用元のリンクを貼っております(YouTube動画の静止キャプチャー画像については、倫理的、法令的に議論の余地があるという認識でおります)。
  8. 音楽著作権が発生する動画については、原則公式コンテンツを活用しています。
  9. 引用の範囲を超えた他の媒体からのテキストのコピーによる記事作成は行っていません。また常識的な引用の範囲を超えて使用する場合は、条件を含め著作権者に許可をいただいています。